東京都青梅市にある金属加工会社の和協製作所です。

 

会社の特長、得意分野、強み、保有技術
【特長】

半導体部品製造装置や省力機器の最終製品において高機能化・小型化が進むにつれ、金属部品に対する小型化の要求も高まっています。

当工場は20年の間小型から中型の部品製造をやってきました。小さな工場ながら量産向けの自動機械を保有していますので、

試作品レベルの部品から、ある程度まとまった個数が必要な部品まで短納期で納入できる体制を整えています。

【得意分野】

ターレットパンチプレス加工(プレス加工機、求める形状を作り出す機械:通称タレパン)とレーザー加工機を保有しており、小型から中型部品までの製作能力をもっています。

タレパンやレーザー加工機での形抜き・穴明け等ではバリは避けられません。当社の取り扱う小型部品は高度な精密加工および熟練技術が要求されるものであり、バリ取り工程においても最新設備と高度な技能でニーズに対応しています。

ターレットパンチプレス加工(NCT加工)

材料の薄板金属を打ち抜きなどのプレス加工を行います。

タレット内に保有している汎用金型を用いて連続的にプレス加工をすることで、任意形状に抜き加工を行います。

小型レーザー加工機で対応

鋼板やステンレス板、アルミ板、真鍮板などの薄板材料を、レーザー加工機で切断や外形加工をします。

精度±0.02。厚み(鉄:6mmまで。ステンレス・アルミ:5mmまで。チタン:3mmまで)

プレスブレーキ(ベンダー)で、折り曲げ対応

プレスブレーキでは、ダイを固定し、上下動するパンチを押し込んで加工を行います。

直角や指定角度に曲げる工程です。

バリ取りマシンで対応

偏心旋回揺動方式のバリ取り機により部品のバリ取りをします。

品質・精度・リードタイムのすべての面で顧客ニーズに合致しています。

【保有技術】

簡単なスケッチもCAD図面も見積、製作要求に応えられます。また図面や仕様書だけでは扱いきれない顧客のニーズにお応えすることで事業を継続してきました。

小ロットの対応や、顧客が求める加工を実現するため冶具から自社開発いたします。

【当社の強み】

創業以来様々な形状の部品を納めてきた実績があります。

製品を通して顧客の信頼を勝ち取ってきました。

お困りの点はぜひお気軽にお問い合わせください。